天然ラドン温泉ミスト浴のしおりへ →
大広間の役割・・・50畳の大広間で、庭を見ながらゆっくり休憩できます。
休息療法
リクライニングシートの役割・・入浴後30分から1時間ゆっくり静養・睡眠等休息
                     することが効果的で湯治効果を高めます。
休息療法
露天風呂の役割・・・東の湯、西の湯にある木立に囲まれた露天風呂で心身ともに
              リフレッシュし、気持ちにやすらぎを与えます。
リフレッシュ効果
飲泉スタンドの役割・・・胃からの温泉効能分の取込みが出来ます。1回150cc程度
                1日3回程度の飲用です。
飲泉療法用
入浴療法用
吸引療法用
ミスト室の役割・・・最も温泉効能成分を取込めます。当施設で一番好評で息苦しく
             なく、喘息、花粉症など、のどの病気改善に効果がみられます。
             マイナスイオンの発生も大きく当温泉開発の施設です。
運動療法用
入浴療法用
入浴療法用
歩行湯の役割・・・歩行障害のリハビリ、糖尿病等改善のための運動、健康増進に
             好評です。  
             また、腰痛改善にもお勧めします。
寝湯の役割・・・・38℃前後に設定されており、皮膚からの温泉効能分取り込みに
            お勧めいたします。また長時間の入浴ができ、リラクゼーション効果が
            期待できます。
湯治のための各施設とその役割(当温泉) 中間湯
中間湯の役割・・・体内温度が2℃以上上昇すると血液に変化が生じ、
            心筋梗塞など各種疾病を引き起こす要因にもなります。
            中間湯は40℃前後に温度が設定されており、体内温度の
            上昇を緩やかにしています。 
高温湯の役割・・・採暖用に作られています。
            43℃前後に温度設定されており、短時間の入浴用です。          
            高血圧の方のご利用は控えてください。。

ならのさこ温泉は、湯治型温泉として作られています
湯治効果を高めるために
1、生きた源泉をそのまま活用するため、薄めず、循環せず、かけ流しの温泉で、泉質を大事にしています。
2、各浴槽は、湯治効果が上がるように設計されています。
  *ならのさこ温泉の湯治対応により、ご利用されたお客様から疾病改善のお便りがたくさん届いています。
                                        お客様からの疾病改善のおたよりのページへ→
温泉効能分の体への取込み方法
1、入浴療法(皮膚からの吸収)・・・吸収は一番遅い
2、飲泉療法(胃からの吸収)・ ・・・吸収は中間
3、吸引療法(肺からの吸収)・・・・・吸収は一番早い